2・26「正規軍興行」対戦カード発表!

正規軍興行の対戦カード第一弾が発表となった。
正規軍内ユニット「38万パワーズ」の三上とヤギの二人にとって負けられないシングルマッチ二試合が正式に決定した。
この他の対戦カードは後日発表される。

メインイベント「札幌オーギリング選手権 次期挑戦者決定戦」
三上 翔 VS 及川広大

十二月興行で、四代目王者・山本輔を破り、五代目王者となった楽太郎。
ベルトを手にした楽太郎は、aWoの脅威や惡魔倶楽部の結成などヒールユニットの台頭を挙げ、三上翔に対し、正規軍の復活を提案。
自身のユニット「楽太郎と愉快なおじさんたち」と三上、ヤギ、へそ太郎による「38万パワーズ」が手を組む形となった。

そして、三上に告げたのは、自身の手にしたベルトを賭けての防衛戦であった。
楽太郎初の防衛戦は3月に決定したものの、これに待ったを賭けた男がいた。

1月15日に開催されたaWo自主興行のラスト。
aWo・及川広大が、次期挑戦権を賭けて、三上翔との対戦を要求。
GMは保留したものの、三上と楽太郎の許可が得られたため、正式に二人のシングルによる次期挑戦者決定戦が決まった。

およそ1年前の教育文化会館でのタイトルマッチに惜敗した三上としては及川を倒し、楽太郎に挑戦し、あの時のリベンジを果たしたいところ。

一方で、旗揚げ興行でタイトルマッチに挑んだものの惨敗した及川は3年近くかけ、ようやく掴んだ次期挑戦者決定戦のチャンス。

どちらもここで負けるわけにはいかない。

奇しくも、同い年の二人。
楽太郎という先輩に対し、対抗心を燃やしているのはどちらも変わらない。
なにより、及川広大は三上翔と闘うために、aWoの一員になることを選んだ。
互いに望む対戦が正規軍興行のメインイベント。

果たして、同世代対決を制し、三月興行で、楽太郎の持つベルトに挑戦するのはどちらか?

「イラスト リマッチ」
ヤギハツマ VS ミウラ・ネーロ・ディ・セッピア

漫画家・森真砂が提案した「イラスト縛りマッチ」が十二月興行で行なわれた。
森、菊池、セッピアというイラスト回答をよく使う3選手に混ざり、
何故か、その印象のまったくないミュージシャン・ヤギハツマもイラスト回答のみの大喜利を行なった。

試合の結果は、ヤギとセッピアが7ポイント獲得でドロー。
上田GMが二人による再戦を決定したが、三月興行を前に、正規軍興行でイラスト回答大喜利のリマッチが決まった。

 

興行情報はこちら

 

ご予約はこちらから

●お名前(カタカナ)

●メールアドレス

●日時

●券種

●枚数

お手数ですが、違う券種・オプションを複数枚買う場合は別々に送信お願いいたします。

●気になる出演者

送信が完了した際は自動返信メールが送信されます。
届かない場合は、ご入力のメールアドレスをご確認くださいませ。
(迷惑メールに振り分けられている可能性もございます。併せてご確認ください。)

送信いただきました内容および個人情報は厳重に取扱い、適切に管理いたします。